公共事業に係る会社や働く人達

当然に公共性を持つものと考えられてきたが何かという疑問を感じずにはいられなくなってきています。そもそも、中央政府や地方公共団体が、市場によっては適切な量の供給が望みにくい財やサービスを財政資金により行う事業のことで公共投資とも言います。

そして、一般にはサービス主眼の公益事業と区別されます。政府や地方政府などが税金を投入して行う事で国民生活に役立つようにする事業のことです。また、民間需要が落ち込む不況のときに、需要を創出し景気を押し上げるという経済政策の一つでもあります。

税金を投入することで将来的に国の利益となると見込まれるもの公共投資と言います。高速道路や鉄道などの社会資本といった、民間に任せていては最適量までの生産が行われないという市場の失敗が起きる公共財の生産を行うことが目的でもあります。

本来は経済学及び政治学における概念であるが、インフラストラクチャー整備そのものの意味で用いられることが多いです。

本国では政府官公庁、自治体や地方公共団体、特殊法人などが主体となって財政資金を利用し行います。その費用は、政府や自治体、財投債などからまかなわれます。さらに、公共事業費に充てられる建設国債の発行が認められています。

日本で行われる公共事業全体の四分の一を占めているほど、日本での公共事業の内訳では道路関連の事業が最も多いです。ほか農林水産、下水道、国土保全などが続くが、近年ではITのための光ファイバーケーブル網も公共事業で整備されています。