Home » 暴力団排除の取組 » 反社会的団体の資金源にもなるとの噂

反社会的団体の資金源にもなるとの噂

公共事業と暴力団には昔から密接な関係があると言われています。

公共事業に参入する建設企業や土木会社の多くが、何らかの形で暴力団と関係性がある業者が存在していると考えられている。

こういった暴力団が関係する土木業者や建設企業の事業への採用を行わないことが、国の推し進める公共事業から暴力団を根絶するための大きな原動力となって行くのです。

一般的に暴力団の関わる企業や業者の多くが、事務所関係者のフロント企業だといわれていますが、近年ではより巧妙に関連性を隠して参入する建設業者も増え始めているため、より一層監視の目を行き渡らせることが重要になっていくのです。

より一層健全で人々の役に立つ公共事業を行うためには、徹底的に暴力団関係者の排除が必要になっていきますが、議員と業者の癒着などが存在する限り、この種の問題が解決されることが難しくなって行くため、議員と業者の癒着を始めとした政治問題を、解決することが何よりも最優先事項だと考えられています。

暴力団を公共事業から排除する事によって、利益優先の事業促進によって発生する欠陥建設や賄賂などの不祥事を無くすことにも繋がるため、より国民の役に立つ公共事業が達成されることが、公共事業から暴力団関係者を排除するメリットとなっていきます。

より明るい健全な未来の実現を可能とする公共事業が行われることは、多くの人々の希望となって行くため、今後もより潔癖な建設会社や土木会社との関係性を国が築いていくことが、とても重要な要素となっていくのです。

人々の生活に大きな利便性を与えていく公共の事業において、より健全な事業運営を可能としていくことが、日本と言う国を基盤から作り変えて行くための大きな力となります。

公共の事業によって一般的な生活の利便性を向上させる設備やインフラを構築していくことが、日本と言う島国に住む一般の人々の生活の質をより高品質な生活へと向上させて行くのです。

Comments are closed.